仮想化基盤の速度改善

仮想化基盤の実装方法は主にホストOS型とハイパーバイザー型に分けられます。

両者ともゲストOSを稼働させるには十分なしくみでありよく利用されています。しかし、それぞれの仮想化基盤は運用において速度面での違いがとても大きいです。

ゲストOSを利用する際、ホストOS側の場合は一般的なOSが立ち上がっている中でゲストOSを立ち上げます。
そのため、速度面ではあまり期待できません。ホストOS型は特殊なドライバ等をもちいなくてもゲストOSを立ち上げられるのが最大の利点です。

ホストOS型で速度を改善するにはゲストOSへの割当を増やすこと以外にホストOS側のハードウエアの改善が必要です。

ただし、ゲストOSへのハードウエア割当はロスが多いのでハードウエアで改善できるとは限らないので注意が必要です。

ハイパーバイザー型の仮想化基盤を利用する場合はゲストOSでの速度は早いと言われています。

2ちゃんねるの情報といえばココです。

これはホストOS型に比べてOS間のオーバーヘッドが少ないこと、ハードウエアをより効率的に使えることがあります。ハイパーバイザー型では専用のドライバを必要としますが、ゲストOS間の干渉を防ぎながら早い速度でさまざまなハードウエアを割り当てられます。

ただし、ゲストOSが増えれば速度が減退します。これについてはハードウエア側の強化が重要であり、ホストOS型に比べて改善が顕著に出やすいと言われています。



それぞれの仮想化基盤ではハードウエアの強化の効果も違うので利用にあたっては注意が必要です。