仮想化基盤の実現方法

仮想化基盤は専用のハードウエアを利用して仮想環境を作成していました。

特に汎用コンピュータやスーパーコンピュータなどではゲストOSへの割当をハードウエアで適切に行なっています。しかし、一般のコンピュータの進化とCPUの仮想化基盤向け演算器の追加によって一般的なコンピュータでも仮想化を利用することができるようになっています。

仮想化基盤において一般のコンピュータを利用する場合にはホストOS型が一般的です。通常動いているOSへ仮想化のためのアプリケーションを追加する形です。

仮想化アプリケーションはゲストOSを稼働させられます。

この時仮想OS側ではアプリケーションが用意する仮想ハードウエアで稼働することになります。

仮想ハードウエアはホストOS側で用意されているハードウエアを仮想化して利用します。

ただし、あくまでもホストOS上で動くアプリケーションであるために双方のOSがクラッシュすると影響が出てしまう事が多いのが難点です。
また、稼働速度もそれほど速くはありません。



仮想化基盤においてはハイパーバイザー型も一般のPCで利用できる用になっています。

wikipedia情報を厳選して紹介しています。

ハイパーバイザー型は専用のハードウエアで稼働することが多かったのですが、ハードウエアベンダーの働きもあり、ドライバを用意されていることが増えたことで一般のハードウエアで稼働できるようになっています。


また、専用のドライバを利用するのでオーバヘッドが少なく速度面でも有利になっています。