仮想化基盤で重要なメモリ

仮想化基盤ではCPUやハードディスクなどの物理ハードウエアをファイル化して扱います。

ファイル化はゲストOSへの物理ハードの直接割当に比べて有効なことが多く、特にメモリについては効果がもっとも高いと言われています。


仮想化基盤ではゲストOSごとに区画を分けて利用させています。



それぞれのゲストOSは相互に関連させません。

通信をする場合でも別なコンピュータと通信するのと違いはなく、ハードディスクなども別のゲストOSのものはのぞけません。

仮想化基盤においてメモリはゲストOSを分けるための重要な部品の一つです。

メモリ空間が適切に分けられていることがゲストOSの区分けに重要であり、ゲストOSの障害時に他のOSへ影響を及ぼさないようにするためにも重要です。

メモリについては仮想化基盤側で各ゲストOSへ割当を行いますが、直接割り当てることはなく、仮想化基盤側で仮想化したメモリを割り当てます。
これは直接割り当てるとゲストOS側での障害がホスト側へ影響を及ぼしかねないからです。また、仮想化しておくことで動的なメモリ割り当てが可能となり、リソースの再配分がとても有利になります。

あなたの期待に応えるwikipediaに有効なサイトです。

メモリについてはすべてのハードウエアメモリがゲストOSに割り当てることはなく、ホストOSやハイパーバイザーがしっかり動ける分を確保したのちにゲストOSに割り当てることになります。



そのため、一般的なサーバよりも多めに積む必要があり、ハードウエアベンダーもメモリ数の多いサーバを開発してきています。