仮想化基盤のソフトウエア

仮想化基盤はソフトウエアで実現されています。


以前は汎用コンピュータなどで専用のハードウエアで仮想化環境が実現されていましたが、ハードウエアの進化もあり、一般のPCレベルで仮想化が利用できるようになっています。

仮想化基盤で利用されるソフトウエアは主にゲストOS管理用のモニターツールとハードウエアの割当アプリケーションからなります。この内、ホスト型の仮想化基盤では両者をまとめてアプリケーション化してホストOSにインストールして利用します。

そのため、ホストOSがクラッシュした場合にはゲストOSにも影響が及びます。



逆も起こりえますが、最新のソフトウエアではホストOSへの影響を最小限に留めるようになっています。

仮想化基盤で利用されるソフトウエアのうち、速度、安全性で利点が多いのがハイパーバイザー型です。


ハイパーバイザー型はモニターツールとして開発され、その後、ハードウエアの割当機能を備え付けたアプリケーションです。

ハードウエアごとに用意されるドライバが必要ですが、ハードウエアの速度を限界まで引き出すことができると言われており、ゲストOS側での動作も快適な場合が多いです。


また、それぞれのゲストOSは完全に分けて管理することができるのでゲストOSからの影響がほぼないと考えられています。



ただし、利用できるハードウエアは限られています。

各ハードウエアベンダーでハイパーバイザー型用のハードウエアを提供していることが多いです。

All Aboutが気になる方はこちらへご来訪下さい。